債る

(はたる)[/法学/民法/]


一般には、「強く求める」ことを意味する。法学の領域では、債権者が債務者に対して債務の弁済を「請求する」、「取り立てる」あるいは「徴収する」ことを意味する。

上記の意味は次のような文において文脈から推察できるが、読み方は推測困難である。国語辞典によれば、上記の通りである。


栗田隆のホーム

Contact: <kurita@kansai-u.ac.jp>
2014年 3月 22日