オンライン教育

(おんらいんきょういく)[/教育/大学教育/]


学生と教師とが一カ所に集まって顔と顔とを合わせて行う教育を対面教育あるいは通学制教育という。これに対して、教師と学生とが離れた場所にいながら適当な通信手段を用いながら行う教育を遠隔教育あるいは通信教育という。コンピュータネットワークが発達した今日、これを主たる通信手段として用いる教育をオンライン教育という。

コンビュータネットワークを用いて、離れた場所にいる学生と教師がコンピュータの画面上であたかも一堂に会したかのような雰囲気を醸しつつ学生に学習の機会を与えることも可能となった。この手法が大学教育に用いられる場合に、それをバーチャルユニバースティ(仮想大学)ということがある。この表現は、しばしば人を魅了する力をもつているが、しかし、ことの本質を必ずしも表していないように思われる。教育である以上、生きている現実世界の人間の教育であり、このことは、コミュニケーションの手段として対面方式を用いようコンビュータネットワークを用いようと、同じだからである。重要なことは、それぞれの教育手段の特質を明確にしつつ、状況に応じていずれかを選択し、あるいは両者を組み合わせて用いることである。

従来の大学教育の中心は、通学方式である。その利点は、次の点にある。


栗田隆のホーム

Contact: <kurita@kansai-u.ac.jp>
2001年 2月 18日 (日)