千里山ワークショップ


九州旅行行程記
第6日目


4月3日月曜日 晴れ
 →京都


◎ →京都7:10

快速ムーンライト九州 京都行き

 休むといっても、やはり窮屈で何回も目が覚めた。どうにもこうにも耐えられなくなったので、展望室へ行ってソファーに寝転んでやった。同じように展望室で横になっている人が2人いたが、これは楽と見えてしばらくここで眠ってしまった。

 次に目が覚めた時には、もう5時も近かった。列車は4時過ぎに岡山に止まったはずだが、全く気がつかなかった。時間的にはまもなく姫路である。席に戻ってみると、隣の人は岡山で降りたのか、もういなかった。2人分占領して、今度は座席で寝てしまった。

 「おはようございます、ただいまの時刻は5時30分です。列車は定刻どおり…」、鉄道唱歌のオルゴールとともに、大きな音で車内放送が入った。まもなく明石である。ここまで来るともう外の景色にも見覚えがある。5時43分明石駅着。何人かが下車しているようだった。京都はまだ遠いので、もう一眠りしようと思うのだが、このあたりから神戸、三ノ宮とこまめに止まり、そのたびに大きな音で車内放送が入るのでぜんぜん寝られなかった。

 再びうとうとしていると、まもなく大阪到着の放送で起こされた。6時26分大阪駅着。隣のホームには見慣れた快速電車が止まり、すでに多くの通勤客が行き交っていた。8分間停車するが、発車を待たずうとうとしてしまった。

 次に目が覚めると、ちょうど茨木駅を通過しているところだった。もう寝ることはできない。思えば長い旅だった。当面のところ、47都道府県すべてを回るというのが筆者の目標である。今回で大分、宮崎、鹿児島を制覇した(福岡、熊本はだいぶ前に行った)ので、九州は残すところ長崎と佐賀だけになった。全国的に見ても、残りは四国4県(うち2県は7月に行く)を始めとして北関東各県(埼玉、栃木など)など10県あまりとなった。残された時間は短いが、ぜひとも達成したい目標だ。

 列車は中高6年間お世話になった高槻駅を通過し、右手には阪急電車の走るが見えた。いよいよ帰ってきたという感じがする。

 車内放送がまもなく到着を告げ、7時10分、終点の京都に到着した。


 とまあ、5泊6日の長い旅行記に付き合っていただき、誠にありがとうございました。全部読破された方はたぶんほとんどいないと思いますが、まあヒマなときにちょっとづつでも読んでやってください。また、誤字脱字も相当あるとは思いますが、そのときは笑っていただければ幸いです。

2000.5.27



May.31.2000
無断転載を禁ず Written by HIRO.T